お知らせ

≪販売開始≫
お子様も食べやすい、端午の節句好適品のお知らせ

5月5日は端午の節句です。
端午の節句の始まりは、厄除けを願って菖蒲湯に浸かっていた
奈良時代といわれています。
やがて武家社会が中心となるにつれて「菖蒲」が「尚武」(武芸を尊ぶ)と
言葉をかけるようになり、男の子の立身出世を願う節句となっていきました。
立身出世の象徴はほかにも「鯉が激流を昇る」という中国の伝説にならって、
鯉のぼりが飾られるようになりました。

日本橋屋長兵衛では、端午の節句好適品として
2種類の和菓子を販売いたします。

 

鯉をかたどったおまんじゅう「真鯉緋鯉」は、
ほっこりとした生地と、程よい甘さのミルク餡の乳菓で
お子様でも食べやすいお味です。

よもぎ団子の「兜だんご」はよもぎ餅をこし餡で包み、
勇ましい兜飾りをあしらった、一口サイズのお団子です。

販売期間 (「真鯉緋鯉」「兜だんご」ともに)4月中旬~5月5日

ページのトップへ